僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

キリンのご飯とお家

食いしん坊

ミルワームを3匹も食べた直後なんですけど 「どうも気になる。」 「もっと、柔らかくて美味しそうなのが、入ってないかなぁ。」 「こっちには、いないかなぁ?」 「エッ!?写真撮ってるの?!」 「(汗)....僕はそんなに食いしん坊じゃないです....」 ス…

去年の夏を思い出すと...

僕がお留守番をする時は、こんな状態です。 ここは玄関わきの部屋で、生垣越しに柔らかい陽が差し込みます。 西日が差し込むんだけど、風も吹いてくるし、日陰もできて、涼しいんですよ。 僕は2015年5月に拾われて、その年の7月から、この場所で過ごしました…

大皿巣がなくて…

僕は、爪が伸びてくると皿巣座布団が足に引っかかって、飛ばしてしまいます。 遂に、今朝は、大皿巣もチビ皿巣も座布団を飛ばすようになってしまったので、メーさんは僕の爪切りをする事にしました。 いつもは、朝の大掃除が終わってから、スキンシップをす…

マーさん、お願いします

豆さん夫婦のメーさんはまだ入院中なので、旦那さんのマーさんが、今は一人で僕の面倒を見てくれています。 メーさんの入院が少し長くなることは分かっていたので、ミルワームも2カップ用意してあったんだけど、最近の僕の食欲がすさまじくて、ついにミルワ…

ご機嫌な朝ごはん

「な~にか、大皿巣の下に変なものがついてるみたいだけど.....」 「そんなこと気にしないで、シードを食べよう。今日は大好物のカナリアシードがたくさん入ってるぞ!ムシャムシャ.....」 「塩土の上のシードも食べちゃえ。ムシャムシャ..... こっち見ない…

分かっています!

今はどういう状況かというと「メーさんが皿巣座布団の上の僕のウンチをティッシュで掃除してくれている」状態です。 カメラがあるので、僕は少し細く「キリン化」していますが、豆さん夫婦の手がティッシュをもって僕のそばにやってきても、僕は全然平気です…

子供のころ

今日は、僕が豆さん夫婦と養子縁組をする前のお話です。 この写真は、僕が豆さん夫婦に拾われて2週間くらいたった頃のものです。 (こんな丸々フワフワが、細くキリン化するなんて、ビックリでしょ!) さて、豆さん夫婦は、この頃はまだ僕を養子にするつも…

ラッキーな朝ごはん!

お題「朝ごはん」 メーさんが僕の皿巣にミルワームを置いた。 でも僕は、足元のカナリアシードの方が食べたかった。 ワームなんて、いないことにしちゃおう、っと。 外で鳥の声がするなぁ.....。 あれっ?アレレレッ!? もしかして...... ミルワームの脱皮…

腹三分目

僕がご飯を食べる様子を見て、豆さん夫婦は「頭が下がる思い。見習わなければいけないね。」と言います。 僕が飽食しないからです。 実際のところ、僕の胃袋はどんな大きさで、どのくらいの量のご飯を食べられるのだろうか? 「満腹で動けない」なんてことは…

苔を食べさせる??

今日は、お庭にやってきた親子スズメの話です。 最近、またお庭にたくさんスズメの家族がやってきます。 悔しいけど、まだ体の柄もはっきりしないチビッ子のスズメでも、僕より上手に飛んでいます。ぷんぷん この頃は、子スズメも自分でご飯を食べていますが…

ピンセットは、お母さんのクチバシ

僕が子供の時、僕の口にご飯を運んでくれたのは、ピンセットでした。 だから僕は今でも、ピンセットがお母さんのクチバシだと思っています。 その「勘違い」は、今でも僕の孤独を少し和らげているんです。 外のスズメさんたちはご飯を食べる時に餌の引っ張り…

ミルワームのサナギでも...

今日は少しグロテスクなお話です。 可愛い姿をしていますが、僕も生きるために殺生をしています。 さて、メーさんは結構ケチです。いや、節約家と言い直しましょう。あはは 僕が食べさせてもらっているのは、小さいミルワームよではなく、だいたい長さが25mm…

皿巣の敷物を変えた時

今の僕の皿巣の上には、茶色の厚手のフリースの座布団が敷いてあります(何回も洗濯してるからペチャンコですけど....) 以前は、木綿の手ぬぐいの敷物でした。 「これは2015年10月の写真です。換羽の最中でボソボソですね。」 小さい時から皿巣の上には白い…

偏食しています

「スズメは雑食。なんでも食べる。」って言うけど、僕は偏食です。 メーさんも気にしていますが、本当のところ、メーさんは野生のスズメの食べ物を知らないし、知っていたとしても手に入れることが出来ないので、同じものしか僕の餌箱には入りません。 僕は…

チビ皿巣がセットされた日

僕たちスズメは、かなり頭が良いのです。 その証拠に、まず言葉でコミュニケーションを取っています。 好奇心いっぱいで、何でもつついて食べれそうか確認してしまいます。 そして、遊びが大好きです! 僕は足が悪いけど、床タオルが敷かれてからは、元気い…

鳥カゴの大掃除

ネットなどで調べると「鳥カゴは、1週間(2週間)に1回は分解して、金網部分は熱湯で消毒しましょう。」と書いてあったりします。 メーさんも以前は、月に1回は大掃除をしようと努力してくれていたみたいです。 でも、鳥カゴをバラしたり組み立てたりしてい…

毎日のお掃除

僕は、足や尻尾にウンチをつけていることがあります。 でもそれは1回羽ばたいたらどこかに飛んで行ってくれます。 鳥カゴの金網や鳥カゴ周辺にウンチが飛び散っているってことです。ウフフ.. だから豆さん夫婦は鳥カゴの周りを歩く時は、とても注意深くなっ…

床がタオル敷きになった日

鳥カゴのイメージは「床は底網で、下のトレーには新聞紙が敷いてあって、シードが入ったエサ箱と水飲み場がフックでかかっていて…。小鳥さんは止まり木に止まったり、金網に止まったりして過ごしている。」って、メーさんは思っていました。 でも初めて僕が…

餌箱の移り変わり

初めてメーさんからご飯をもらったのは、割り箸の先につけたメジロの餌でした。 とても食べにくそうにしていると、次はピンセットでメジロの餌とゆで卵をくれるようになりました。 一人餌の初めは、直径4cmくらいの瓶の蓋に、お湯に浸して柔らかくなったムキ…

初めてアオムシを食べてみた

2016年ゴールデンウィーク、メーさんは近くで家庭菜園をしている人を訪ねて、アオムシをもらってきました。 キャベツについていたアオムシなので、多分モンシロチョウの幼虫だと思います。 何か変なものがいるぞ! とりあえず、味見! ウワッ、青い汁が出て…

鳥カゴ暮らしか、室内で放し飼いか?!

初めにお断りですが、これは僕と豆さん夫婦の場合の話です。 スズメさんが、どこでどういう形で過ごすのが幸せなのかは、それぞれ違うと思います。 皆さんとお友達のスズメさんの場合は、僕の話とは違った関係が生まれていくことでしょう。 僕は、完全に鳥カ…

スズメの餌(成鳥)

もうすぐ1歳になる僕のご飯(餌)を紹介します。 左上から「ミックスシードをベースにシードとボレー粉をミックスした主食」「りんご」「白菜」「ミルワーム」「赤粟穂」です。 りんごとミルワーム以外はいつも鳥カゴにセットされています。 僕はりんごが大…

豆さん夫婦、スズメを甘やかす

僕が野菜を食べるようになったのは、初めて病院に行った後からです。 それまでは、豆さん夫婦は僕に何を食べさせたらいいのか、実はあまりよくわかっていなかったみたいです。 豆さん夫婦が子供だった頃には、小鳥を飼ってる家がたくさんあって、セキセイイ…

ミルワームについて

豆さん夫婦は僕と暮らすまで「ミルワーム」という生き物の存在を知らなかったんだって。 ネットで「スズメを育てるならミルワーム」と書いてあったので、僕の健康のためにホームセンターでミルワームを買ってきてくれました。 この家に来て1週間くらい経った…

鳥カゴVer.2、新しい暮らし

僕のお父さんはマーさん、お母さんはメーさん。 豆さん夫婦が僕を子供として迎えてくれて、僕の生活の全てが鳥カゴの中になりました。 それが幸せなのか不幸なのか、それはまた別の機会にお話ししましょう。 まず一番にやってくれたのは、少し大きな鳥カゴを…

室内で放鳥

僕は明るい所に向かって飛んでいくのが大好き! 高い所に止まって下を眺めるのが大好き! 机の上の小物をいじるのが大好き! 狭い所に頭を突っ込むのが大好き! メーさんは部屋の小物をできるだけ片付けて、PCにシーツをかけ、本棚にバスタオルをかけ、グラ…

スキンシップの始まり

豆さん夫婦と暮らし始めて一ヶ月ほどが経っていました。 僕が飛ぶ練習を始めてから、豆さん夫婦は次のステップとして室内での放鳥を考えていました。 問題は、一旦放したら僕がもう鳥カゴに戻ってこれないのではないかってことです。 そんなこと心配しなくて…

鳥かごVer.1

ここで僕の最初の鳥カゴを紹介します! 鳥カゴの上部をカットして上から見たとしらこんな感じのレイアウトです。 幅30✖️奥行き23✖️高さ39です。 枝は庭の南天の小枝で、細い枝には時々止まることもできました。 寝るときは右上の皿巣で寝ます。実際にはティ…

ヨッシー先生の診察

僕を診察室に呼んでくれたのがヨッシー先生でした。 穏やかな目をした物静かな先生でした。 僕を見るなり「小さいスズメですね」といってジーっと見つめるものだから、僕はどうしていいのかわからなくなってジタバタしてしまった。 メーさんは、僕を自然に返…

鳥カゴにに移って、一人餌の始まり

はじめは豆さん夫婦は僕を飼うつもりなんて全くなくて、一週間くらいで僕が大きくなって元気に飛べるようになったら外に放つつもりだったんです。 メーさんが調べたところによると「スズメを保護した時は体重が18グラムになったら放鳥の目安」らしい。 僕は…

寒い夜と朝の陽だまり

僕は本当に「日の出から日没まで」メーさんを呼び続けていました。 ソノウがいっぱいになるまで餌を食べさせてくれても、30分もすればお腹がすいてきてソワソワしちゃう。 メーさんは買い物に出かけるのもダッシュで行って、戻ってきたら家中に響く大声で僕…

僕のお父さんとお母さん、豆さんご夫婦

メーさんの旦那さんはマーさんといいます。(マーさんメーさん、豆さん夫婦です。) マーさんは朝は6時に起きて仕事に行く準備をします。 その音を聞いて僕も目覚めて箱の中を動き回り、そのタイミングでメーさんが僕のお家をリビングに運びます。 そして僕…

初めのお家と僕の餌

環境が変わっていろんなものが見えると僕は怖くなって暴れてしまいます。 僕がパニックになって怪我をしないように、5日間くらいは空気穴がたくさん開いた真っ暗なダンボール箱の中にいました。 大きさは30cm×30cm×30cmくらいです。 もっと小さくてもよかっ…

巣から落ちて動けない

2015年5月23日早朝、巣から落ちて道端に転がっているところを、その後お母さんになるメーさんに拾われました。 僕には全く記憶がないのだけど、メーさんの話によると、兄弟が全員巣立ってしまったので僕も巣から顔を出してみたら転がり落ちてしまった…