僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、スズメと初めて暮らすことになった豆さん夫婦の試行錯誤な6年11ヶ月の日々を、スズメの「キリン」が語るブログです

「キリぐるみ」のチョットだけ里帰り

今日から僕は「キリぐるみ」と命名されました!

引き続きよろしくお願いします(+˘v˘+)

 

今週の初め、メーさんに付き添って僕が生まれた街に行ってきました。

 

生憎の天気だったけど、やっぱり美しい街でした。

 

川があり山があり森があり、ダイサギさん、アオサギさん、もちろんカラスさんもスズメさんもいました。

 

この川の上空では、トビとカラスの戦いも見たよ。

カラスさんも子育て中だから、トビさんが舞っているだけで攻撃を仕掛けていました。

みんな大変だね…

初めての換羽、ニギコロ、通院

今日も僕がお喋りします...メーさんはお喋りが苦手なようです。

 

今回の思い出写真は2015年10月です。

 

初めての換羽で、体が痒いのに踏ん張れなくて、ゴロゴロ転がるのが怖くて、大騒ぎしていました。

2015年10月3日

フケだらけだね。

 

メーさんはまだ僕にあまり触れなくて、羽軸の掃除とかは全然できなかったよ。

メーさんの手の中にいるけど、メーさんはドキドキハラハラしていたんだ。

時々僕のクチバシが指に当たったりしたらビビッていたね。

というのも、僕はメーさんの手が怖くて、スキンシップの始まりは逃げ回り、クチバシをカチカチ鳴らして威嚇し、噛み付いていたからね。

 

でもこの頃には、もうゴロロンができていたんだね!(#^v^#)...メーさんはすっかり忘れていました...

 

爪切りは2週間に1回くらい病院に(車で1時間強、高速道路を走って)行っていました。

病院にはプラケースで通うことが多かったけど、黒い袋の中に入っていてもトンネルが怖くて、必ずバタバタしちゃいました。

 

病院に到着しても、メーさんの顔が見えなかったら不安で、メーさんがケースを持ち上げて中を覗いてくれたら落ち着くの。

...プラケースが膝の上だと不安で大暴れ...(+˘v˘+)

 

帰り道は、高速道路のトンネルを越えたらプラケースを袋から出して助手席に置いてくれて、僕は時々メーさんを見上げながら過ごしていて。

家まで15分くらいの距離になったら僕は俄然元気になって、ご飯をムシャムシャ。

最後の角を曲がったら、僕にはそこがお家だってわかっていたね(#^v^#)

 

さて、初めての換羽で抜けた羽はこちら…全部は集められなかったね…(+˘v˘+)

大人の羽よりも小さいし、色も薄いね。

 

抜けた羽の何本かはピアスになりました。

6年経った今でも大切にしまってあります。

鳥カゴを仕舞いました byキリン

昨日、メーさんはちょっと涙ぐみながら、鳥カゴを洗ってビニール袋に入れて、仕舞っていました。

僕が一番長く過ごした40cmくらいのサイズの鳥カゴ。

余談だけど、この鳥カゴは、ドライブする時にも過ごした鳥カゴで、底の四隅には免震(減震)ジェルブロックが貼ってあるの。

おかげで、車の揺れや振動はかなり減っていたね。

 

鳥カゴは他に、ヒナチュンの時に入っていた30cmのと、最後3年くらいを過ごした60cmくらいのがあるけど、それはもう仕舞われました。

 

いつかまた僕がスズメの姿になって豆さん夫婦の元に来られた時には、また活躍してくれると思います(#^v^#)

 

キャリーも僕が最後に居たところなので、今まで洗うことが出来ずにいたメーさんです。

昨日は最後に僕が寝ていた所を少しの間ナデナデして、ちょっと涙ぐんで…

 

お掃除した後は、まるで「スズメ幼稚園」みたいになりました(+^v^+)

 

 

こどもの日の傑作動画はコチラ ↓↓


www.youtube.com

 

この動画は2年前に撮ったものかな…?

メーさんは酷いことしていたね…(+"v"+)

お散歩に行きました by キリン

今日は僕のお喋りです(+^v^+)

 

ブログに読者の方のご近所ではヒナチュンちゃんがデビューしているそうなので、僕もヒナチュン達に会いにメーさんと一緒にお散歩に行きました(#^v^#)

 

でも、この辺りでは、まだ全然でした…(+˘v˘+)

 

代わりに、いろんな写真を撮ってきたよ!

 

もう終わりかけだけど、ヒラドツツジ

白色もあるよ!

 

キツネアザミ

名前は「あざみ」ってついているけど、アザミではないらしい…

 

それよりも、僕って毛むくじゃらじゃないか!…(+`∀´)プンスカ

もうちょっと滑らかな表面にしてほしいなぁ…

白いナマズ髭みたいなのも伸びてるし…(+TvT+)

 

ヒメジョオン

ピンク色でキレイだね。

 

アカツメグサ?

 

サクランボもできていたよ!

サクランボを撮ろうとしたら隣の木にカラスさんがいて、少し驚かせちゃったみたい

こっちを睨んでいます(+°△°+);;

 

他に気になったのが、コレ!

なんなんだろう⁇

 

地味に嬉しかったのは、ミノムシさん!

ミノムシさんは激減してしまった昆虫です。

きっと、大量に撒かれる殺虫剤のせいだね…

どんな生き物もいてバランスが取れている地球だと思うんだけどね。

 

 

鳥カゴの基本形  by メー

床にタオルを敷くようになって、キリンはカゴの中でもとても活動的になりました。

今日のブログは、キリン生後3ヶ月の頃です。

 

2015年8月5日

 

2015年8月8日

西向きの部屋のすぐ外には生垣(いけがき)的な木があって、木漏れ日が気持ち良く差し込んでいます。

キリンの鳴き声がするものだから、ヤマガラが様子を見に来て、中を覗き込んでいたこともありました。

 

youtu.be

いつも止まり木からずり落ちていたイメージだったのですが、この動画を見ると、ちゃんと枝に止まっていましたね( ・∇・)

私も我慢して、ずっと止まり木をセットしておいたら、キリンの左足は強く健康的になったのかもしれません…

でも、安直に暮らせるチビ皿巣に変えていっちゃったのでした…

 

2015年8月22日

 

この頃は自由に自食していましたが、長細いカナリアシードは滑って咥えられませんでした。

ムキアワも入れてあります。

粟穂も好んで食べました。

 

ミルワームは大好きでしたが、頭を潰すことができず、食べ方がヘタクソで、必ず口の中に飲み込むまで見届けていました。

目を離すと、途中でやべるのをやめてしまい、ミルワームが逃げ出してしまうこともよくありました。

youtu.be

座敷童子(ざしきわらし)でした

今日はまた僕の登場です…豆さん夫婦が寂しがるから、時々登場…(+^v^+)

 

7年前、僕が拾われた京都のお家は、とても広くて古い家で…『見える人』が遊びに来ると

「廊下に子供がいるけど、あれは誰?」とか

「そこの畳が光っているけど、どうして?」とか言われました。

 

豆さん夫婦の体験としても、よく廊下でガタガタ音がしたりしていたらしいんだ!

 

でも、僕と養子縁組してからはピタッとその音が鳴り止んだから

「座敷童子がこのスズメをヨリシロにして姿を現したんだね!」

って言っていたんだよ。

 

今、僕の魂はスズメの体から抜けてしまって、一応メーさんが作ってくれたぬいぐるみに入ったり出たりしていることになっているんだけど…

お家でまた変なことが起こり始めているのね…(+˘v˘+)

 

昨日は朝ご飯の用意をしている時に、テーブルの上で「パチン‼︎」って大きな音がしたし、今日はメーさんが二胡の練習をしている時に練習室の扉が「バン‼︎」て鳴るし…

 

「キリンはぬいぐるみでは飽き足らずに、また座敷童子さんになっているのかねぇ…」

「次のヨリシロもスズメのヒナになるようにチャンスを狙っているのかねぇ」

なんて、話しています。

 

…多分、急に暑くなったから、お家がビックリして音を出しているだけなんだけどね(+^v^+)…

キリンが来た頃、鳥カゴ暮らしになるまで

キリンと暮らした6年11ヶ月で撮ったキリンの写真や動画は、2万枚ほどあると思います。

ピントがボケていたりして公開できなかった写真を、思い出と一緒に少しずつUPしていこうと思います。

 

お付き合いいただけたら嬉しいです。

 

2015年6月5日、我が家に来て10日以上経って、初めて撮った写真です。

巣立ち雛にも少し早いような、幼さ!

写真を撮り始めたのは、自然放鳥は無理だろうと覚悟を決めたからです。

足は全く物を掴めないままでした...

 

こんな小さな体で家族と引き離され、化け物のような大きさの人間と暮らすようになってしまい、さぞ恐ろしかっただろうと思いますが、彼は(彼女は)生きることに貪欲で、大声で餌をねだり、モリモリ食べました。

 

スズメの家族は毎日隣の屋根の上にお迎えに来ていましたが、放鳥を諦めてしばらくは、私たちだけを見せて暮らしました。

私たちが家族になる儀式のような期間でした。

 

2015年6月6日の写真。

「鳥カゴにはフン切り網を置くもの!」という固定観念があって、通常仕様の鳥カゴ暮らしを強要していました。

「ある日突然止まり木に止まれるかもしれない!」と思って、南天の止まり木も入れてあります。

網の上を歩けなくて、いつもバタバタして、疲れ果てていました。

止まり木にも止まりたかったと思いますが、いつもずり落ちていました。

ご飯はさし餌がメインでしたが、自食のフリもするようになっていたので、ゆで卵を入れています。

 

2015年6月26日、27日、30日の写真。

この頃は室内放鳥していました。

お気に入りはココ「ビーストの仮面の上」

 

放鳥時のご飯場所...もう自食できるよ...(+^v^+)

タオルを敷いたらホッピングしてスズメらしく伸び伸び過ごせるようになりました。

私の手の上に乗って、腕に登って遊んでいました。

 

 

2週間くらい毎日の放鳥を楽しく過ごしていたのですが、好奇心旺盛で日に日に行動範囲が広くなり、ある日、窓と障子の隙間にはまって出られなくなりパニック。

その日は鳥カゴに戻すことができず、放鳥部屋で過ごした夜、本棚の後ろに落ちてしまいました。

翌朝見つけた時は翼を広げた状態で本棚の後ろに挟まっていて、もがくたびに下に落ちていくような状態。

目をギラつかせてこちらを見上げていたのを思い出します。

本棚を動かしたら飛び出してきて、それからは完全な「カゴの鳥暮らし」になりました。