読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

待っていたよ

野生の生き物はご飯を食べるために、辛抱強く我慢します。

今でもマーさんは毎朝欠かさず庭にお米を撒いてくれています。

外スズメさんは、それを目当てにやってきたのですが、今日も庭に人が出ているので、ずっと近くで待っていました(鳴き声が聞こえていたから、わかっていたよ)。

やっとマーさんがお昼休みを取ってくれたので、早速降りてきましたが.....

 

「本当に安全だろうか...?」

キリン化してこっちを窺っています。

(スズメさんは脚立に乗っているわけではなく、奥の石の上で背伸びしています。ツヤツヤ、フワッフワなお腹が羨ましいなぁ。)

f:id:nikosuzumemi:20161010143312j:plain

 

「やっぱり危なそうか?!」

f:id:nikosuzumemi:20161010143330j:plain

というわけで、今回は食事にありつくのは我慢して、飛んで行ってしまいました。

 

でも大丈夫です、スズメさんはいつでもどこかからこちらの様子を伺っていて、明日の朝までにはお米はキレイになくなっていますから。