僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

居座るスズメ

夕方、鳥カゴで騒いでいたら、メーさんがタオルを差し出してくれました。

...豆さん夫婦は僕の声を聞いて、なんとなく僕の気持ちをわかってくれるんです...

僕はすぐタオルに飛び乗って、くつろぎました。

 

もう夕方5時を過ぎていたし、メーさんは「このままキャリーケージに移しちゃおう」と考えました。

 

...まだここに居るんだ!...

f:id:nikosuzumemi:20190814103524j:plain

…絶対に動かないぞ!…

f:id:nikosuzumemi:20190814103537j:plain

…気持ちいいんだもん…

f:id:nikosuzumemi:20190814103551j:plain

…クチバシが開いちゃった…

f:id:nikosuzumemi:20190814103605j:plain

…暑いんだよ、ここ…

f:id:nikosuzumemi:20190814103618j:plain

 

タオルから降りたくない時は、僕は身体の重心を下げてサトイモ状態になって「居座りのポーズ」を取ります(+'v'+)

メーさんに時間がある時は、少しの間は僕に付き合ってくれるのだけど、この時は夕方の忙しい時間だったから無理でした(+˘v˘+)

タオルの下でメーさんの指がゴソガサ動いて居心地が悪くなったから、1分ほどで後ろのハンモックに移りました(+˘v˘+)