僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

スズメ母さんとお墓参り

少し前、僕は病院ホテルで過ごしていました(+'v'+)

豆さん夫婦はお墓まいりに出かけて行ったからです.....季節外れ.....

 

今日は豆さん夫婦が旅で見かけた、スズメ母さんのお話。

 

 

明石から淡路島に渡った最初のサービスエリア。

f:id:nikosuzumemi:20180617141757j:plain

風が強かったけど、最高のお天気。

観覧車も回っていました。

 

多くの人々はここで明石海峡大橋の写真を撮るのですが、メーさんが撮った写真は...

 

コレ!

f:id:nikosuzumemi:20180617141817j:plain

羽根はボソボソで、膨らんでいて、強い風が吹いたらバランスを崩して翼をバタつかせて、かろうじて鉄パイプにしがみついているようなスズメさん。

お腹の羽毛の感じから、卵を抱えていたお母さんみたいです。

 

近くにはスズメの巣があるようで、ヒナちゃんの声が聞こえていたんだって。

 

豆さん夫婦は、スズメ母さんが落下したら連れて帰ろうと思ったみたい。

....スズメ母さんがお家に来たら、僕は仲良くできるかなぁ......(+'v'+)

 

しばらくしたら、スズメ母さんは果敢に地面に舞い降りて、何かをくわえてヒナちゃんに食べさせて、次の瞬間の写真がコチラ.....もう死にそうだ......(+°△°+);;…体が傾いてる!

f:id:nikosuzumemi:20180617141834j:plain

 

メーさんが「追っかけ」をするものだから、スズメ母さんはもう一踏ん張りサツキの街路樹まで飛びました!

 

あ、この姿を見たら、スズメ母さんはまだ元気に頑張れそうです!(+╹v╹+)

f:id:nikosuzumemi:20180617141849j:plain

この後スズメ母さんは、もっと遠くに飛んで行って、メーさんは少し安心したんだって。

 

この時期、卵を抱えるお母さんは、自分でお腹の羽毛を抜いて卵にぬくもりを与えるのね。

ヒナちゃんが孵ったらご飯運びが大変だし、夏の終わり頃には翼も尾羽もボロボロになってしまう....本当に「命がけ」なんだね(+ ̄v ̄+)

 

梅雨の長雨や集中豪雨、冷夏や猛暑.....。

「想定外」の悪天候に見舞われずに、穏やかに子育てが終わって、元気にヒナちゃんたちが育ってほしいものです。

 

もしかしたら、このお母さんには「来年」はないかもしれないけど、だからこそ「今年は輝く季節」であってほしいです!(+˘v˘+)

 

 

最後に......豆さん夫婦が行ったお墓は「讃岐富士」と呼ばれる「飯野山」の麓にあります。

f:id:nikosuzumemi:20180617145734j:plain

.....どこにでも「〇〇富士」ってありますね。

でも、それは「地域の誇りの山」ってことだから、僕はその呼び方、「♪(´v`+ )嫌いじゃない!」

 

ズゥ〜ッと以前のことだけど、メーさんのお母さんはこの山を見たら「田舎に帰ってきた。懐かしい。」って、いつもシミジミしていたそうです。

 

とても長閑でいい所です!