僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

出会った本、そして思うこと

まず、昨日のブログで書き忘れていた「コウノトリの郷公園」で聞いた説明。

 

コウノトリは、カエルや魚を食べます。

穀物などは食べません、完全な肉食です。

日本最大の肉食の鳥です。」

 

…エッ‼︎猛禽類が最大じゃないの‼︎こんなに細くて優しそうな鳥が、「日本最大の肉食の鳥」…ガァ〜ン(@_@)     by メー

 

でも、コウノトリさんは僕を食べないから、僕は仲良くなれそうだよ(+^v^+)

 

 

さて、今日は、最近メーさんが読んだ本です。

 

カラス飼っちゃいました

カラス飼っちゃいました

 

4コマ漫画で、大いに笑えますが、最後はチョット悲しくなります…(+TvT+)

 

昨日のコウノトリさんの話とか、ここ数ヶ月の動物病院の事とかを考えてみて…。

 

「野鳥は、弱っていても、自然淘汰が原則です。人間が介入してはいけない。(だから、死にかかっていても人間が拾って育ててはいけない)」

と、何人もの獣医さんは言いました。

でも、野鳥さんが暮らす自然を人間は壊していて、野鳥さんはどんどん減っている。

この現実を棚に上げて、人は「自然淘汰」とか言っていて、いいのでしょうか?

 

スズメさんも激減しています。

最近の住宅事情で、スズメさんが巣を作りにくくなっているからです。

豆さん夫婦は「弱ったスズメを保護するのが法律違反なら、巣箱を作ってスズメを助けたいな。」って、考えているみたいです(#^v^#)

 

なんにしても、生き物の多様性は必要で、みんながチョットずつ我慢して、チョットずつ譲り合って、仲良く暮らしていけたらいいのにな、って思います( +˘v˘ +)

f:id:nikosuzumemi:20170914210216j:plain