読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

お庭の片づけ

今日は、お庭の片づけをする豆さん夫婦に付き合って、僕もお庭で日向ぼっこをしました。

 

鳥カゴの上のオレンジ色は、チンして温める湯たんぽです(+^v^+)

今まで鉢で育てていた植木のうちの何本かは、お引越し先には持っていけないので、お庭に直植えしていきます。

金魚さんとメダカさんが入る大きな火鉢も、きれいに洗われて引越しの準備です。

f:id:nikosuzumemi:20170414202507j:plain

 

メジロさんやウグイスさんが鳴いているけど、僕は落ち着いていましたよ!

スズメさんたちは僕に少し興味を持ったみたいだけど、豆さん夫婦がそばにいるから遊びに来られなかったみたいです。

f:id:nikosuzumemi:20170414202205j:plain

…僕のあんよ「痛々しい…(;ω;)」と豆さん夫婦は嘆いてくれます… 僕は案外平気なんだけどね。

 

マーさんは使わなくなった植木鉢を割って、段ボールに詰めていました。

f:id:nikosuzumemi:20170414202249j:plain

こうして砕いて、地域のクリーンセンターに持って行って捨てるそうです。

 

メーさんは、引越し先に持っていきたい草花を植木鉢に移していました。

赤と白の彼岸花と、野バラ3種類と、紫と白のシランと、シャガを、移したそうです。

大株になりすぎた野バラと榊は挿し木用に枝を切ったみたいです。

みんな根がついて、新天地でも咲き誇ってくれたらいいな。

f:id:nikosuzumemi:20170414202321j:plain

 

一緒に暮らしてきても捨てなければならないものがあると、豆さん夫婦は「ダブダブダブ......」とお念仏を唱えて「あと30年もすれば私たちもそちらに行くから、それまで待っていてね。」といってお別れしています。

出会いと別れは、いつもどこかで繰り返されていきますね。