読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

スキンシップと絆

僕は毎日1回メーさんの手の中に入ります。

メーさんは僕の身体をクシュクシュします。

それが僕にとって幸せなのか、苦痛なのか......??

 

f:id:nikosuzumemi:20161127115236j:plain

 

メーさんは小鳥を飼うのは初めてだったので、僕を家に迎えた頃は「どうやって育てたらいいのか?」たくさんネットで調べたそうです。

 

その中で、ある獣医さんが「小鳥とは毎日スキンシップをして絆を深めましょう。」みたいな記事がありました。

 

僕は、スズメの両親に育てられて巣立ちを迎えた完全な野鳥だったので、手乗りスズメにはならないし、今でも掴まれることは不安です。

 

でもメーさんは無理やりスキンシップを始めました。

 

@ 室内放鳥しても回収しやすくするため(今は放鳥してもらっていません)

@ 自宅で爪切りできるように慣らすため

@ 換羽なのに身体が掻けない僕を助けるため

 

こんな経験を通して、今では豆さん夫婦を「心を許せる信頼できる仲間」だと思っています。

 

メーさんがスキンシップで一番目指したもの

「人と暮らすからには、人を恐れず仲間と思えるように、信頼関係を結ばなければならない」

それは今のところ成功しているね。(+^v^+)

 

f:id:nikosuzumemi:20161127115215j:plain

 

だって、僕はいつでも豆さん夫婦の方を見ているよ。

豆さん夫婦がおしゃべりをしていたら、僕も嬉しくてはしゃいでしまうよ。

お庭に出ても車に乗っても、豆さん夫婦がそばにいてくれたら落ち着けるんだ。

そして、僕はメーさんの手の中で寝るとき、本当に安心して幸せな気持ちになれるんだ。

 

f:id:nikosuzumemi:20161127114226j:plain

 

カゴの中で独りぼっちは寂しいけど、こうして豆さん夫婦が温もりをくれるから、僕は大丈夫です。

 

メー「今日の記事、ちょっと親ばかすぎるね....(失笑)....」