読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

地図から消えた島

「観光して、美味しいものを食べて、温泉に入っているだけではアカンやろ〜!」と、豆さん夫婦は今回もフィールドワークです。

 

行く先の島は、島内車乗り入れ禁止の小さな島なので、駐車場に車を置いて、この船で渡ります。

f:id:nikosuzumemi:20160917151622j:plain

 

ウサギさんがたくさんいます。

マーさんは、なぜかいつも動物には大人気で、この時も取り囲まれていました。

餌は持っていなくてもこの状態です。

f:id:nikosuzumemi:20160917151649j:plain

 

この島のお約束は、ウサギさんには決して触ってはいけないことです。

ウサギさんは野生です。

人間には慣れていても、ペットにしてはいけません。

f:id:nikosuzumemi:20160917151710j:plain

 

さて、この島は軍事基地でした。

砲台の跡です。

f:id:nikosuzumemi:20160917151735j:plain

 

それだけではなく、ここでは毒ガスが作られていました。

当時の世界には「化学兵器禁止条約」というものがあったのですが、開発保有は合法だったので(日本はその条約を批准していなかった)、毒ガスを作り続けていたのです。

そして毒ガス兵器の一部は、現在も未処理のまま、大陸に眠っているそうです!

www....一人の日本人として心が傷む....このままでいいのか.......。

 

これは博物館の外に置いてあった、毒ガスを作った装置の一部です。

f:id:nikosuzumemi:20160917151821j:plain

 

こういう軍事機密の島だったので、ここは地図から消されたことがある島なのです。

こちらは毒ガス格納庫です。

f:id:nikosuzumemi:20160917151757j:plain

今はもちろん、ここの毒ガスは処理されていますが、その処理の際にも事故が起きて、何人もの方が被害に遭われたそうです。

 

今回は心が苦しくなるような歴史の紹介でした。

 

そして忘れてはいけないことは、今も化学兵器が作られて、使われて、たくさんの人が亡くなる戦闘が行なわれている地域があるんだ、ってことですね。

なぜ、人は殺しあうんでしょうね.....

 

 

最後に:

f:id:nikosuzumemi:20160917152254j:plain

この広場の穴は、ウサギさんたちが寛ぐために自分たちで掘ったものです。

小さい写真ですが、木陰で白く伸びているウサギさん達がいますね。

ここで売られている「ウサギの餌」を持って外に行くと、向こうの方からも、まさしく脱兎のごとく、ウサギが集まってきて、すごいことになります.....子ウサギもいて、本当に可愛いんですよ。

毒ガスを作っていた頃は、別の理由でこの島に放たれていたウサギさん達ですが、今はここを楽園として、自由に幸せを満喫しているようです。

(「ウサギが増えすぎて困る」という話も出てきそうなくらい、ウサギだらけです。)