僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

大きくたって大好物

 最近の僕は、いつもにも増してミルワームが大好きです。

豆さん夫婦は、僕が食べやすいように、なるべく柔らかそうな白っぽいミルワームを探してくれていますが、小さいワームだと一気に5匹くらい食べてしまうので、ワームさんがかわいそうです。

メーさんは、大きいワームはサナギになりたてで柔らかい白いのを僕に食べさせようとしていましたが、なかなかサナギになりません。

仕方なく、僕は久しぶりに茶色くて巨大なミルワームを食べることになりました。

 

メーさんが、ピンセットで巨大ミルワーム(と言っても、長さは3cm程でしょうか...)を持ってきた時、僕はビックリして、小皿巣に舞い上がって、細くなって、腰が抜けてしました。

幸いなことに(プフフ...メーさんは残念がっていたけど)その写真はありません。

気を取り直してワームを咥えて大皿巣に移ったところから、今日の連続写真です。

 

f:id:nikosuzumemi:20160915111105j:plain

「これは僕のものだぞ!誰にもあげない!」

 

f:id:nikosuzumemi:20160915111151j:plain

「それにしても、もっと柔らかいの欲しいんですが...」

 

「くれないなら仕方がないから、食べちゃえ!!」

   f:id:nikosuzumemi:20160915111209j:plain

   f:id:nikosuzumemi:20160915111230j:plain

 

   f:id:nikosuzumemi:20160915111301j:plain

「結構、いけるよ。美味しいよ!」

 

f:id:nikosuzumemi:20160915111317j:plain

「完食しました!ごちそうさま。ワームさん、ありがとう。」

まだ口の周りに何か付いてますが、これは僕が首を振ったらどこかに消えてくれました....エヘヘ...

豆さん、いつもお掃除ありがとう。