僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

日光浴の日

僕はいつでも、豆さん夫婦に側にいて欲しいんだ。

だから大声で「チュンチュン」呼んでしまいます。

豆さん夫婦は、僕の声を聞くと「りんごかな?ワームかな?」といってやって来てくれます。

豆さん夫婦が側に来てくれたら僕は安心して、甘えた声尾を出しながらシードを食べたり、毛づくろいをしたりします。

 

でも、僕が日光浴しないといけない時や(たまにはお陽様にあたらないと、骨が弱くなっちゃうみたい)、豆さん夫婦がお出かけする時は、僕は玄関脇の部屋に置かれて一人ぼっちです。

僕は一人ぼっちは嫌いです。

ここでも、外の鳥の声が聞こえると、僕は大声で鳴き続けてしまいます。

 

必死で呼んでも誰も来てくれないから、最終的には↓↓こんな感じになります。

    f:id:nikosuzumemi:20160911200024j:plain

「もう鳴き疲れちゃったよ....(拗ねています)」

 

昼間に緊張したこんな日の夜は、僕はグッスリ寝ちゃうんです。