僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

いつもと同じじゃないとイヤだ‼︎

夕方になると、僕の鳥カゴはダイニングルームの近くに移されます。

豆さん夫婦が晩御飯を食べている間は、僕も一緒にテレビを見ている感じですね。

 

そして、メーさん手作りの、このカバーをかけてもらいます。

(サイドのポケットは、寒い時にカイロを入れられるようにって、メーさんは考えたそうですが、あまり役に立っていませんね。フフフ....) 

f:id:nikosuzumemi:20160828101333j:plain

本当に寝るときは、砂箱が外されて、前面もカバーが降りるんだよ。

 

さて、まだ日本中が熱中症に気をつけないといけなかった頃のことです。

マーさんは「この残暑の中、カバーで閉め切ってしまったら、翌日には蒸し鶏(蒸し雀)ができちゃうんじゃないか?」と言うので、

メーさんは「鳥カゴの前面と側面を覆って、後ろは開けて風通しを良くしたらどうだろう?」って考えました。

それで、ある夕方、このカバーではなく、鳥カゴにバスタオルをかけました…。

 

慣れ親しんだカバーじゃないモノが鳥カゴにかかった途端、僕はパニックになってしまって、金網にぶつかるし変なところに翼は引っかかるし、メチャクチャでした.....

 

バスタオル作戦は大失敗でした。

ちょっとくらい暑くても「いつもと同じ」が、僕には大切なんです。