読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

大皿巣がなくて…

キリンのご飯とお家 キリンの健康管理

僕は、爪が伸びてくると皿巣座布団が足に引っかかって、飛ばしてしまいます。

遂に、今朝は、大皿巣もチビ皿巣も座布団を飛ばすようになってしまったので、メーさんは僕の爪切りをする事にしました。

いつもは、朝の大掃除が終わってから、スキンシップをする時に爪切りもするのですが、今日はメーさんは午前中はお出かけ(通院)だったので、午後の爪切りになりました。

 

ここでメーさんは少し手順を間違えてしまったんです。

座布団が乗っていない大皿巣には僕のウンチがついていたので、爪切りに引き続き大皿巣の掃除をしようと、右手で僕を握ったまま、左手で大皿巣を外して、それから僕を鳥カゴに戻したんです。

 

鳥カゴに戻った僕は大好きな大皿巣が無いので、戸惑ってしまいました。

f:id:nikosuzumemi:20160823155921j:plain

「なんで大皿巣が無いの⁇」

 

f:id:nikosuzumemi:20160823160157j:plain

「あなたが取り上げてしまったのですか⁈」(少し邪悪な顔してますね…。尻尾が広がったままなのは、結構緊張している証拠です)

 

その後すぐに大皿巣は戻りましたが、僕のパニックは収まらず、首を伸ばしてキリン化してしまいました。

f:id:nikosuzumemi:20160823160511j:plain

 「普段と違う、怪しい事は無いか⁇」

 

f:id:nikosuzumemi:20160823164826j:plain

「ここは安全かな⁇」

 

f:id:nikosuzumemi:20160823164312j:plain

「こっちも異常ないかなぁ⁇」

 

安全確認はしたけれど、口は開いたままでした。

f:id:nikosuzumemi:20160823160307j:plain

「いつもと違う事があったら、怖くなっちゃうんだよ…。特に大皿巣は僕のお気に入りの場所だから、絶対にいつもと同じように置いておいて欲しいんだ。」