僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

ご機嫌な朝ごはん

「な~にか、大皿巣の下に変なものがついてるみたいだけど.....」

  f:id:nikosuzumemi:20160810090856j:plain

 

「そんなこと気にしないで、シードを食べよう。今日は大好物のカナリアシードがたくさん入ってるぞ!ムシャムシャ.....」

  f:id:nikosuzumemi:20160810090756j:plain

 

塩土の上のシードも食べちゃえ。ムシャムシャ.....

こっち見ないでよ、今、ご機嫌で食事中なんだから.....」 

f:id:nikosuzumemi:20160810090943j:plain

 

 

僕は餌入れの中にお気に入りのシードが見つからない時は、クチバシで餌入れをほじくりまわしてシードを飛び散らかしてしまいます。

この時はおとなしく食べているでしょ!カナリアシードがいっぱいでご機嫌なんです。

後ろから見たら、翼と翼の間が広がっているでしょう(人間で言うところの、肩甲骨がリラックスしている感じ)。

振り向いてメーさんの顔を横目で見ている写真では、少し意識しちゃったので、翼が寄ってしまったけど、僕が安心して落ち着いている証拠です。

 

豆さん夫婦は塩土の上にもシードを置いてくれます。

だから時々塩土もカジカジしちゃいます。

健康の事も考えてくれているんですね。