読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

アオゲラの夢

他の生き物の話

今日も、死んでしまったアオゲラさんの写真がアップされます。

怖い方は、この先は見ないでくださいませ。

 

 

7月29日早朝、アオゲラさんの短い命が終わりました。

アオゲラさんが最後に見た景色は、窓ガラスに映った青空と山並みと白い雲。

 

メーさんはその後のアオゲラさんがどうなるのか、心配で心配で心を痛めていたのですが、昼過ぎになってマーさんが来てくれて、屋根瓦からアオゲラさんを下ろしてくれました。

アオゲラさんは、首が折れてしまっていました。

すごい勢いで窓ガラスに激突しましたから......。

半日以上経っていましたが、アオゲラさんはフワフワでとても美しい、艶々の羽根をしていました。                     

           f:id:nikosuzumemi:20160730061932j:plain

                     

           f:id:nikosuzumemi:20160730062014j:plain

 

マーさんはアオゲラさんを新聞紙に包んで、家のブナの根元に埋めてあげました。

「ここにはたくさん虫が来るから、食べ物には困らないよ。」

アオゲラさんは、ブナの木の根元で、青空と山並みと白い雲に囲まれた世界を自由に羽ばたいている夢を見てくれたらいいなぁ。

 

 アオゲラさんを屋根から下ろした時、キレイな尾羽が1本抜けました。

それはアオゲラさんの「下ろしてくれてありがとう」の気持ちのように思いました。

 

合掌…

 

 

追記:

豆さん夫婦は、アオゲラさんがとても美しい羽根を持っていたので「それに引きかえ、スズメは地味やなぁ。」と嘆いていました。

でも僕は、豆さん夫婦が僕をとても大事に思ってくれてるってことを知っているから、平気です。