読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

愛されているシロ

他の生き物の話

今日は、お向かいに住んでいるワンちゃん「シロ」の紹介をさせてください。

以前に紹介した「愛されなかったクロ」と、年齢も、犬種(日本犬系の雑種)も、完全な外犬であることも、犬小屋がある場所(玄関の脇)も、ご本人は番犬のつもりでいてよく吠えることもよく似ていますが、シロは愛されています。

 

毎朝ゆっくり30分はお散歩に連れて行ってもらっています。

夕方は15分ほどお散歩に出かけています。

暑い夏には犬小屋に日よけがかけられ、寒い冬には毛布がかけられます。

犬小屋が置いてある近くで、お父さんやお母さんはお掃除したり、お花に水をやったり、ゴルフのスウィングをしたりすると、シロは犬小屋から出てきてウロウロしています。

シロがお腹をこわして犬小屋のそばで粗相をしてしまうと、お父さんは「お前は、また何か変なものでも食べたのか!?」と注意していますが、シロは声をかけてもらって嬉しそうです。

お父さんが仕事から戻ってきても大喜び、お母さんがお買い物から戻ってきても大喜び、息子さんがやってきても大喜び、シロは家族が大好きです。

一人で犬小屋付近をブラブラしているときには、尻尾は垂れて腰は曲がってヨロヨロしているんですが、お散歩に行くときは背筋も伸びて尻尾もプリプリしています。 

f:id:nikosuzumemi:20160717163548j:plain

シロは、飼い主さん家族に愛されて大事にされているので、我慢することもできるワンちゃんです。

親戚の小学生の女の子が遊びに来て、シロの両手を持ち上げてもシロは吠えず騒がず、少し困った顔をしながらジッと我慢しています。

おヘソを上にして抱き上げられても、吠えず騒がず、少し困った顔をしながらジッと身を委ねています。

 

その姿を見て、僕は考えました。

誰かに愛されて大事にされると、信頼が生まれて、人に対して我慢できるようになったり、身を委ねられるようになったり、寛容になったり出来るものなんでしょうね。

 

 僕と豆さん夫婦の間にも、信頼の絆が生まれつつあります。