読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

人吉で考えた 史跡

12月に人吉に立ち寄りました。

人吉といえば「球磨川下り」

マンホールの蓋も「人吉城球磨川下り」でした。

      f:id:nikosuzumemi:20160625204207j:plain

と言うことで、人吉城跡にも登りました。

お城は球磨川に面して建てられていて、物資の上げ下ろしができるようになっていました。

f:id:nikosuzumemi:20160625204923j:plain

階段を上ってやってきた、これが天守閣があったところらしいです。

眼下には球磨川が流れています。

左奥の一番高い石垣を、忍者のように登ろうとしている地元の40歳代と思われる男性がいたり、手前の石垣の上の「広っぱ」では、地元の高校生と思われる学生たちがクラブ活動的なサッカーの練習をしていたり、とても大らかな史跡でした。

この高校生たちは、人吉城跡でサッカーの練習をしたことを一生忘れないし、そういう人吉城跡をずーっと大切にしていくことでしょう。

「地域に根ざした史跡」ということを考えれば、こういうのもアリなのかもしれないですね。

f:id:nikosuzumemi:20160625205240j:plain

城跡の周りは、ヤブツバキの花びらで一面赤く染まっていました。