僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

寝る前のソワソワ

久しぶりに僕の話です!

 

夕方になって寝る時間が近づいてきたら、鳥カゴは窓際からリビングに移って、鳥カゴに半分カバーが掛けられたら、僕もねぐらに帰ってきた気分になります。

でも、豆さん夫婦は食事時で家の中が賑やかになるので、僕も少しはしゃいで「『みんなと一緒にお喋りしたい!』だけど、本当は眠たいんだ…」

その様子は「2歳くらいの子供が、眠たいのにみんなと一緒にいたくて、とにかくしゃべり続けているよう」だそうです。

僕はあまり食べ物も欲しくないのに「チュンチュン」鳴いてバサバサ飛んで騒いでみたり、粟穂や白菜をガサガサ音を出してつついてみたりして、豆さん夫婦の気を引きます。

 豆さん夫婦が新鮮な白菜を持ってきてくれても、くわえるだけで食べる気もなく、リンゴを持ってきてくれても、食べるのは一口程度。

 

                  f:id:nikosuzumemi:20160629125711j:plain 

豆さん夫婦が鳥カゴを覗き込んでくれたら嬉しくて、小皿巣に乗って豆さん夫婦を見つめて、甘えた声で「ティウティウ」鳴いてしまいます。

でも、眠たいから、豆さん夫婦があっちに行ってしまったら、大皿巣に乗って丸まって居眠りするんです。

本当に寝る時には、砂箱が外されて、鳥カゴのカバーが完全に下りるので、その時には小皿巣に乗って、豆さん夫婦とおやすみの挨拶をします。

「また明日ね、おやすみ」って。