読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

ツバメと見つめ合いました

残念ながら、写真はありません。

なぜなら、ここは「女性露天風呂」だからです!!

 

温泉に浸かって様子を見ているときは、ツバメさんは人間の事など気にもかけずにブンブン飛び回っていましたが、メーさんが立ち上がってツバメさんの様子を見始めたら、少しツバメさんは気を悪くしたようです。

 

親ツバメさんはヒナに餌を食べさせた後、ジト~ッとメーさんを睨みつけました......

「ジト~ッと睨む」感じは、「映画『エクソシスト』の中の、女の子の首がゆっくりと回ってこちらを見た」ような感じだったそうです。

まさかツバメさんがこっちを振り向くなんて思っていなかったのに、首を回してメーさんを見たから、メーさんも少したじろいでしまって、こんな怖い印象を受けたのかもしれません。

                     f:id:nikosuzumemi:20160629153431p:plain

10秒くらい、まん丸の黒い瞳でメーさんを胡散臭そうに観察して、吟味して、一応危険はない様だと判断したのか、攻撃はやめて「チョチョチョチョ(それ以上近づくなよ!)」と大きな声を出して、飛んでいきました。

 

ツバメさんには嫌われちゃったかもしれないけど、メーさんには何の悪意もなかったし、長い時間ツバメさんと見つめあったことで、有頂天でした!

 

ツバメのヒナはもうすぐ巣立ちみたいでしたが、奥で踏みつけられている一羽はチビッ子みたいで、黒い頭しか見えませんでした。

がんばれ!チビッ子!

 

「毎度、下手な絵で失礼しました。」by Me-san