僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

メーさんが留守をしました

メーさんが3泊4日で出かけてしまいました。

マーさんは朝からお仕事に行かないといけないので、鳥カゴのお掃除や僕のご飯のことや砂場やお水のこと、毎日メーさんとやっているスキンシップのことをとても心配していました。

メーさんは細かくメモを書いて、出かける1日前には、メーさんの指示を受けながらマーさんが一人で鳥カゴの掃除とご飯のことをやってくれました。

 

豆さん夫婦が家にいる時は、僕は1日のほとんどをリビングで過ごします。

僕はいつでも豆さん夫婦の声や気配を感じながら生活しています。

でもこの場所は一日中お日様が当たらないので、午後には短時間だけ玄関脇に移してもらって日光浴します。 

僕一人でお留守番するときには朝から玄関脇で過ごします。

ここは午前中は暗いし、いつもと違う景色で、僕は落ち着きません。

メーさんがお留守の4日間、僕は昼間はここで一人で過ごしました。

マーさんが夕方に戻ってくるのが待ち遠しかったです。

 

そして4日目の昼、メーさんの声を聞いた時、僕は声の主がメーさんだとわかってもしばらくは信じられなくて、小皿巣で体を細くしてメーさんを凝視してしまったんだよ。

だって、僕はメーさんに捨てられらと思っていたから、まさかメーさんが目の前にいるなんて信じられなかったんだ。

         f:id:nikosuzumemi:20160611180300j:plain

         「小皿巣の上から怪訝そうにメーさんを見てるんだ。」

 

しばらくして、本当にメーさんだとわかった時、僕は大はしゃぎでした。

メーさんを見つめながらチュインチュイン鳴き続けて、メーさんに捕まえられたら(掴まれる時は、いつもと同じように少しジタバタしたけど)すぐに眠ってしまいました。

メーさんは僕の足やお腹や羽根を触って眺めていたみたいです。

 「キリンの目の周りが少し黒くなったみたいだね。」と言っていました。

「飛び方も、レパートリーが増えたね。」って言ってくれました。

「くの字飛行」とか出来るようになったんだよ。

 

その後、何日間か、メーさんはいつも僕に寄り添ってくれて、とても優しくしてくれていました。