僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

リハビリの成果が出ています!

最近は毎朝のスキンシップで足のリハビリもしています。

それは、僕の足のためでもあるけど、僕が足を触られることに慣れたら爪切りが少しでも楽になるんじゃないかって考えたかららしい。

犬猫の場合には、子供の時から人が足や耳や口を触って、人に触られることに慣らすけど、スズメにもそれが通用するんじゃないかって、メーさんは思ったらしいです。

 

f:id:nikosuzumemi:20160601101257j:plain

僕は相変わらず爪切りは苦手だけど、足を触られることには慣れてきました。

左足は薬指はぶら下がっているだけのような指でしたが、金網に止まる練習をしたり、メーさんのリハビリのおかげで、少し力強くなりました。

 

f:id:nikosuzumemi:20160601101159j:plain

僕の足は、親指がとても強く前に回り込んでいるのが一番よくない点です。

この写真では、メーさんは僕の右足の親指を広げてくれています。

以前は親指を広げるのは大変な作業だったそうですが、リハビリの成果で、親指の巻き込みは緩くなったそうです。

メーさんの指が離れたらやっぱり丸まっちゃうんですけどね。えへへへ

 

左足は親指を広げてくれた後ですね。4本の指が伸びているのはリラックスしている証拠です。

 

f:id:nikosuzumemi:20160603151208j:plain

メーさんは、僕の足を親指で広げて、僕の人差し指と中指と薬指をモミモミしてくれます。

その間、僕は気持ち良いのでじっとしています。

 

メーさんは以前は、僕の細くて丸まった指を触るのが怖かったそうですが「こんな事ならもっと早くからリハビリしておけばよかった…」と言っていました。