僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

スズメの砂浴び

スズメは砂浴びも水浴びもします。

だから、僕の鳥カゴには外付けの砂場(外付けの水浴びケースの中に、水ではなくて砂が入っています)が付いています。

このアイディアは、メーさんが初めて僕の餌を買いに行ったホームセンターのお兄さんが「スズメは砂浴びが好きだから、このケースに砂を入れて置いてやったほうがいいです。」と勧めてくれたんです。

今日は、砂浴びについておしゃべりをします。

 

ケースの中に入っているのは「ハムスターのバスサンド」と「小鳥のミネラルサンド」です。

        f:id:nikosuzumemi:20160503125816j:plain

砂をつつくのも楽しいし砂の感触は安心できるし、ここから見る景色も興味深いんです。

怖いことがあるとここに逃げ込むこともあります。

 

僕はとても警戒心が強くて、砂場がセットされてもしばらくは中に入ることができませんでした。

3日目くらいに、メーさんは僕を掴んで無理やり中に放り込んだのです。

ひどいことをするでしょ、プンプン。

でも僕はすぐに砂場が気に入ってしまいました。

豆さん夫婦は砂場を「キリンのリビング」と呼んでいるようです。  

メーさんは毎朝、リビングの掃除をしてくれるので、中はいつでも綺麗です。 

 

砂浴びをする時は、砂の上にペチャンコに腹ばいになって、翼を少し広げて、足でお腹の下の砂を掻いて羽根をバシャバシャ動かします。

尻尾も広げて左右に激しく動かします。

砂浴びをする場所は「出入り口の左隅」と決まっています。

以前、メーさんが近くの公園で、スズメさんの大群が一斉に砂浴びをしている様子を見たそうです。

公園の一角がスズメさんの砂浴び場みたいになっていて(スズメさんたちが勝手にそう決めた)、土の上にテニスボールが半分入るくらいの穴がたくさん出来ていて、スズメさんが1羽ずつその中に入ってガシャガシャ砂浴びをしていたそうです。

気持ちよさそうだね。