読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

ミルワームについて

豆さん夫婦は僕と暮らすまで「ミルワーム」という生き物の存在を知らなかったんだって。

ネットで「スズメを育てるならミルワーム」と書いてあったので、僕の健康のためにホームセンターでミルワームを買ってきてくれました。

この家に来て1週間くらい経った頃も、僕はさし餌で「ミルワームの粉末」をゆで卵にまぶして食べていたけど、本物のミルワームを食べたら翌日から羽根の色ツヤがいっぺんに良くなって、豆さん夫婦は感動していました。

 

ミルワームは冷蔵庫で保管」と言われていますが、豆さん夫婦は夏以外は常温で保管しています。

というのも、僕が白くて柔らかいミルワームが大好きだからです。

        f:id:nikosuzumemi:20160421171341j:plain

        「これはずいぶん大人になってからの写真です。クチバシが真っ黒ですね。」

 

ミルワームを常温で置いて、キャベツや小松菜の餌をやると、どんどん脱皮して白いミルワームが出てくるみたいです。

夏は昼間は冷蔵庫で保管して、朝夕は部屋の涼しいところに置いて常温に戻してくれるんです。

僕は冷たい食べ物が少し苦手です。

さすがに夏はミルワームがさなぎになってしまうけど、白いさなぎなら僕はへっちゃらで食べられます!

僕が好きな順「白いワーム」→「白いさなぎ」→「柔らかそうな茶ワーム」→→→「硬そうな茶ワーム」

 

茶色のミルワームしかいない時は仕方なくそれを食べるけど、一口食べたら喉がシャゴシャゴしちゃうことがあって、食べるのをやめようと思うことも多いんだ。

          f:id:nikosuzumemi:20160421171433j:plain

ミルワームも僕が食べようとすると必死で逃げ回るし、豆さん夫婦はそんなミルワームのことも可哀想だと思うらしい。

「食べかけたものはちゃんと最後まで食べないとダメ!」といって、食べるまで僕の目の前でミルワームをヒラヒラさせます。

それでも僕が食べない時は、豆さん夫婦は大きなため息をついて少し僕を睨んで、寂しそうな顔をして去っていきます。