僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

ホテルに泊まる

豆さん夫婦の趣味は、国内の温泉巡りです。

5月末に僕がこの家に来た時には、もう7月下旬に旅行に行くことが決まっていたらしい。

豆さん夫婦はちょっと悩んだみたいだけど、僕だっていつまでも子供じゃない!僕はホテル暮らしをすることになりました。

 

「ホテル」と言っても、行くところはいつもお世話になっている病院です。

メーさんが用意してくれたのは、いつも僕が食べているミックスシード・粟穂・野菜・ミルワーム・ビタミン剤、それと床に敷くタオル・皿巣に敷く座布団など。

それと「キリンのお願いシート」です。

            f:id:nikosuzumemi:20160416175052j:plain

            「だいたいこんな感じです」

 

豆さん夫婦は、預けられる時に看護師さんが「キリンちゃん、お留守番しましょうね。」と言って別室に連れて行かれる僕を見て、切ない気持ちになったらしい。

これから何が起こるかわからない僕は鳥カゴの中で、やっぱり体を細くして首を精一杯伸ばしてキリンみたいになっていたからね。

でも6日後に迎えに来てくれた時「羽根が黒っぽくなったみたい。」「しっぽの羽根が増えて長くなったみたい。」と声をあげて喜んでくれました。