僕はスズメ、人と暮らしています

足の不自由なスズメ の「キリン」と、初めてスズメと暮らすことになった「豆さん夫婦」の試行錯誤な日々を、スズメの目線で綴っています。

お風呂に入る

豆さん夫婦は毎日きれいに鳥カゴの掃除してくれていたけど、僕はまだゆで卵をたくさん食べて、それと同じようなウンチをしていたから、カゴの中はゆで卵の匂いがしていたし、僕の足もお腹も胸もちょっと黄色く汚れていた。

まだ一回もお風呂に入ったことがなかったんです。

 

ある日、メーさんは僕を掴まえて洗面所に行って、汚れた足とお腹と胸にチャポチャポと水をかけはじめた。

何が起きているのかわからないと僕は硬直してしまう。そしてパニック大暴れ。

でもメーさんから逃げることができなくて、体はびしょ濡れになっちゃった。

僕はまだ羽根に自分の防水オイルを塗ることができていなかったから、本当にびしょ濡れで、恐怖と寒さでブルブル震えてしまいました。

 

少しくらい羽根が汚れていても体が汚れている訳じゃないから僕たちは平気なんだけど、メーさんは卵色に染まった僕がかわいそうだと思ったみたいだね。

メーさんはすぐに僕の体を温かいタオルで包んでくれて羽根を乾かしてくれて、これはちょっと気持ちよかった。

 

その後も3回くらい僕は洗面所に連れて行かれたけど、僕が必死で抵抗するのとびしょ濡れになって震えるのがかわいそうで、強制的なお風呂は無くなりました。

「その時」が来たら僕は1人でお風呂に入るようになるから、それまではちょっとくらい汚れていても優しく見守っていてね。

         f:id:nikosuzumemi:20160112193247p:plain